雑記

ニヤニヤ泣いている

綺麗な人

先日初めてマルチ商法のようなものの勧誘、というかプレゼン、というかをされた。その人が副業という単語を意味ありげに放つので、会話を掘り下げるつもりで副業って何されてるんですか?と訊いてみたらどうもスイッチを入れてしまったらしい。よくありそうな「年金には頼れない、会社は守ってくれない」の話から延々とトークのマシンガンを喰らう。途中鞄からしれっと本も何冊か取り出して見せられて、(いや今日副業じゃないほうの仕事だけど常に持ち歩いてるんですね)と心の中ですこし笑ってしまった。

 

今まで色々やってきたけどこれは違うんだ。究極なんだよ。

 

たしかにそれは、

あなたがこれまでにやってきたア◯ウェイとかニュー◯キンとは違うのかもしれない。

それにわたしも真っ向からそういうビジネスモデルを否定する気も別にないです。

 

ただわたしがやるかどうかって考えた時に、人を紹介することで報酬を貰う、また紹介した人が誰かをまた紹介して…ってシステムにはなからねずみ講だ!ってアレルギー反応を起こす人が多いこの国で、ましてやそういうものに懐疑的な人の多いわたしの交友関係の中で、わたしはこれまで築いてきた大事な大事な関係や信用を失うリスクを背負いたくはないなとだけ。

マルチ商法とは信用を売ってるシステムだと、あくまで個人的には思う。信用はまわりまわってきっと目の前のお金よりもわたしを助けてくれると思いたいし、少なくともわたしの生きてる環境には向かないかな。

 

と、そんなことを思いました。

 

.

 

わたしは保守的で悪い意味でごくごく日本人的な人間だなといつも思う。日本人がどうのとか主語の大きな話はナンセンスだししたくないけれど。

ものごとの価値判断基準は他人の目と、自分が傷つかないかどうか。新しいものはとりあえず疑ってかかる。しょうもねえなと思うけどそうやって生きてきたのだからしょうがない。

 

他人の反応と心の中を、想像できないながらも想像して、そのたびに怯えて、人と出会うたびにこの人は自分を傷つけない人かどうかととにかく疑って、そうやって生きてきた人間からしたら、先述のマルチ商法だったり、性格変えますよ系の自己啓発セミナーだったり、新興宗教だったり、"世間一般的には怪しまれやすいもの"にハマって、ましてやそれを人に勧めてまわる人って、どういう人なんだろうってとても気になってしまう。

 

そしてそういう人たちを見るたびに、別に悪人だとも、頭が悪い人だとも、全然思わないんだよなあ。むしろ人間が好きで、純粋で前向きで、それでいて何か悩みやコンプレックスがあるのかな、って人が多い気がする。あくまで体感的にだし、人の事情や心の中を勝手に憶測するのは下品だと思うけれど。

宗教の冊子を駅前で持って立ってる人たちはみんな、こんなクソ暑い日にも嘘みたいに優しい笑顔と綺麗な姿勢でいるし、おそらくその宗教だったんだろうなっていうかつての同級生もまた、嘘みたいに優しくて純粋でまっすぐな子だった。

 

そんな人が、そんな綺麗な人が、わたしのような人間に胡散臭えなと思われてしまうのって、なあ。

 

 

何かを信じることで誰かが救われているという事実とそれは個人の範囲に留めてどうか他人のことを巻き込まないでくれという思いと、だけど他人を巻き込もうとする働きかけで救われる誰かもまたいるのだという事実と、それでいてそういう人たちを騙している人たちが上層部にはいるのかもしれないという憶測があって、よくわからなくなる。

 

.

 

ところでオウム真理教の死刑囚の死刑が全員執行されたらしい。

彼らは決して許されないことをしてきているけれど、何かを信じてすがってしまった末路がそれって、どういう気持ちだったんだろうな。

 

 

.

 

ちなみに先日のマルチのおじさんから来ていたメッセージ承認リクエストは無視したままです。わたしのような性格の意地汚い人のことは放っておいてそういうあれが通用するある意味綺麗なコミュニティで幸せになってほしいです。綺麗な人よ、がんばれ。