雑記

ニヤニヤ泣いている

ただの日記(あるいはハッピーハーブについて)

三度寝くらいして、昼過ぎに起きた。

気分があまりよくなかったけれど今日こそ美容院に行こうと決意していたのでエネルギーを振り絞って予約の電話をかけた。あとなんかムシャクシャしてたからキッチンの排水口の掃除をした。時間指定してた宅配便が来たけどヨレヨレの寝間着と寝起きのままの顔で受け取ってしまった。

 

ホルモンバランスのせいなんだろうけど昨日くらいからやけに気分が落ち込んだりイライラしたりしてしまう。先日聞いたあまりにも身勝手な他人の愚痴やそれをずるいやり方で間接的に説教してしまった自分やわたしが感銘を受けた大学の広告を引っ張り出してその大学のことを(何も知らないくせに)面白半分でディスっていた意識高い系大学生や床に落ちてる髪の毛や、とにかく全てのものに腹が立つ。そしてそんなことで腹が立つことに落ち込む。負のスパイラルだ。

 

人間の性格というものは固定されたものであり、また人間が落ち込むときには何か明確な原因があって落ち込むのだという錯覚を人はしてしまいがちだ。だから若者が自殺したってニュースで「◯◯くらいで死ぬなんて心が弱い」などと言われてしまうのだろう。

だけどほんの少しのホルモンバランスの崩れで人の性格なんて簡単に変わってしまうし、落ち込むときっていうのはわたしの感覚では例えるならお腹を下すのと一緒だ。たぶん何らかの短期的あるいは長期的な原因はあるのだろうけど何がきっかけになったのかはよくわからん、とにかく急にお腹痛くなってどうしよ〜しぬ〜トイレ〜〜みたいな。もちろん急に冷たいもの食べたから腹壊したとか、そういうね、パターンもありますけど、なんか分からんけど調子悪いわ〜って時のが少なくともわたしには多いんですわ。アイスとか辛いものとかガンガン食べちゃうけどそういうのはむしろ平気で。これ心にも同じことが言える。直接的っぽい原因にはたぶんわりと人並みには強いけどなんか知らんが調子悪いわ、ってことがちょいちょいある。厄介だな。

 

ところで先日メンタル系のサプリメントの存在を知った。ハッピーハーブで前向きに!みたいな明らかにヤバそうな謳い文句がついてるんだけど有名メーカーのものだしそんなヤバいものでもないのかな、心を外部から取り込む物質でどうにかするって怖いな〜と思うけどホルモンバランス一つで性格が変わってしまうのだしそれも合理的な方法なんだろうなと思った。500円というお手頃な値段だし、好奇心がめちゃくちゃ湧いてきてしまったので父の日の贈り物のついでにamazonで注文してみる。娘がこんなサプリメントをネットで頼んでるって知ったら父親は悲しむだろうか。まあでもとにかく、話の種になりそうだし、ブログのネタに使えそうだしってことで注文を確定させる。購入の動機が完全にYouTuberだ。ブンブンハローユーチューブ。

 

…というわけで今朝D◯Cさんのセントジョーンズワートが届いたんだけど、色々調べてると副作用が人によってはあったりするらしくて飲むのが怖くなってしまった。し、お洒落メンヘラ女はセントジョーンズワートが好きみたいな書き込みも見てちょっと抵抗も湧いてきた。

とりあえずこのあと美容院行くのに万が一体調悪くなったりしたらたまんねえなってことでサプリメントは飲まず重い身体を引きずって市バスに乗り込む。行きつけの美容院の、お馴染みの美容師さん(出身大学が一緒ということもあってずっと仲良く?してもらっている)とお話して、久々にパーマをかけてもらって、待ち時間に美味しいドライフルーツティーを飲みつつGINZAという雑誌で嘘みたいな本当の恋の話を読んで、帰り際に美容院の15周年記念のおせんべい(スタッフさんの似顔絵がプリントされているかなり食べにくい代物)を貰って、隣のショッピングモールでロレッタの可愛いヘアムースを買ったら気分はだいぶ明るくなった。

とりあえず今日は別にセントジョーンズワートはいらないや。わたしはYouTuberにはなれないな。

 

 

ブログを書いていたらこんな時間になってしまったけれどちょっとだけ綺麗になったキッチンでばんごはん作って食べて寝よう。明日もきっと落ち込むことはあるだろうけど無意味な憂鬱は仕事で洗い流していくぞ。

 

あ、最後に嘘みたいな恋の話を貼っておきます。

f:id:yco16g:20170618221217j:image

おやすみなさい。