雑記

ニヤニヤ泣いている

ただの日記(我慢のバランスと老人ホームの食事問題)

今日は頭痛と吐き気と眩暈が酷かったので午前中だけ仕事を休んだ。 熱でもあるかな!?休んじゃおっかな!?ってときに限って体温を測っても全く熱がない現象何なんだ。35度6分しかないのに会社を休むのはかなり抵抗があったけど、まあサボってる訳じゃない…

alternative circuitに行ってきた話

ART-SCHOOLと踊ってばかりの国とpollyのスリーマン対バンを観に梅田Shangri-Laへ行ってきました。 . どちらかといえばルーツのしっかり見える音楽が好きで。対象単体よりも関係性に萌えるオタク気質なので…今回観たpollyでそれがよりはっきりした気がする。…

ただの日記

三連休の予定らしい予定が早速終わってしまった。 とりあえず今日は身体がバッキバキのボロボロだったから3週間ぶりくらいに整体?整骨院?に行った。整体の先生のことは普通に好きなんだけど、今後の人生のことというかたまにあ〜そこちょっと踏み込んで欲…

トーキョースリーデイズ

なんかこじらせた文章ばっかり書いてるしたまにはほんとにただの日記を書いてみようかと。 帰りの新幹線に乗りながら、夏休みの締めくくりに行った東京旅行の話でも。今回あんまり写真も撮らなかったし自分のための記録に。 ▶︎8月24日 台風のおかげでびっし…

雑記(刺青にまつわるいくつかの些細な思い出)

刺青についてのバッシングとそれに対する反論が話題になっていた。ここではあんまり触れないけれど、わたしはちぇるちぇるランドのようなやさしい世界に住みたい。それだけ。 ▶︎永遠と刻印 曽祖母が晩年、「実は昔の男の名前の刺青を入れている」と言い出し…

ただの日記(ある夏の終わりの日)

・運転免許の更新にいった。ゴリゴリのペーパードライバーだからよく分からないしあんまり関係ないけれど、制度が変わったみたいで準中型免許?とかいうのにアップデートされた。写真はやさぐれ感が増した。 . 車の教習所や運転免許の試験場に来ると、どこと…

綺麗な人

先日初めてマルチ商法のようなものの勧誘、というかプレゼン、というかをされた。その人が副業という単語を意味ありげに放つので、会話を掘り下げるつもりで副業って何されてるんですか?と訊いてみたらどうもスイッチを入れてしまったらしい。よくありそう…

ただの日記(ピンク・フロイドのTシャツを着たお兄さんに捧ぐ)

朝の通勤路で、電話ボックスが派手に荒らされていた。ガラスの破片がきちんと舗装された歩道にたくさん散らばってて、その光景がアンバランスで綺麗だと思った。そんな中、前から歩いてきたどちらかといえば口数の少なそうな感じのお兄さんがピンク・フロイ…

この夏確かに私は向井秀徳に会った

2017年、年の瀬。 今年の目標の一つとして、ナンバーガールそしてザゼンボーイズの向井秀徳に会うことを私は掲げていました。 まあ目標というか、できたら一度ライブにでも行きたいなあ、くらいだったんですけど。 ナンバーガールは高校2年生のときに買った…

パン屑と努力と自己責任の話

スナック菓子の袋の底に溜まった粉。オーブントースターのパンくずトレイに落ちたパン屑。 本来は一緒に食べられるはずだったそれを処分する度に、やるせない気持ちになる。 . みんな、努力の力を信じ過ぎていると思う。 わたしもそうだった。部活も受験も就…

雑感

・インスタ映えって言葉にもにょもにょする。 より正確に言えば、インスタ映えを馬鹿にする風潮にどこか窮屈さを感じる。 綺麗な写真を撮るって趣味として成り立つことだと思うし、自分の撮ったものって誰かに見てもらいたいし、あわよくば賞賛されたいって…

23才の夏休みも終わってしまった僕らは

24才になった。 "◯◯才になったら、今度こそこうしよう"って毎年思い続けてはや24年。それもだんだんどうでもよくなって、ひとつ年をとったからどうにかなれるなんてことはなくただ24才になったいつものわたしがいるとしか思わなくなった。 23才のスタートは…

The seventh night of July

どうやら今日は七夕らしい。 中学高校と吹奏楽部員だった身としては、この曲を思い出す。 酒井格のたなばたは、たしか高校1年生のときにお隣の高校と合同で演奏したんだっけ。 その高校にはトランペットがとっても上手いギャルの先輩がいて、いつも惚れ惚れ…

イチゴのミルクセーキと精神論の話

就職するちょっと前くらいに始めたボールペン字の通信講座の受講期限が迫っているらしく、「追加でお金を払って期限延長して、ちゃんと修了しましょう!」という内容の案内が届いていた。ご丁寧に"至急開封してください"のハンコ付きで。 「諦めないでくださ…

ただの日記(あるいはハッピーハーブについて)

三度寝くらいして、昼過ぎに起きた。 気分があまりよくなかったけれど今日こそ美容院に行こうと決意していたのでエネルギーを振り絞って予約の電話をかけた。あとなんかムシャクシャしてたからキッチンの排水口の掃除をした。時間指定してた宅配便が来たけど…

ブログが書けない

一昔前、今で言うTwitterやInstagramの感覚で各々のホームページやブログをせっせと更新して、今で言ういいねの感覚でコメントを残すという文化があった。 みんながみんな生活を、140字にトリミングしていない日常を、毎日毎日垂れ流していた。 いまブログを…

ナイトライダー

ロックバンドの曲名をブログの記事のタイトルにしちゃうの、23才になってまで懲りずにやってしまうとは思わなんだ。 . 銀杏BOYZのナイトライダーを聴いていた。 やんなっちゃうな。しょっぱくなっちゃうな。suicideしちゃいそだな。 久々に聴くこの曲は外の…

喜怒哀楽とエネルギー源

ここ最近、嬉しい出来事が続いている。 初めて行ったGRAPEVINEのライブが滅茶苦茶に格好良かったり。 大事な人の就職が決まったり。 昔教えてた塾の生徒に偶然会ったり。 大好きなバンドの全国ツアーが決定したり。 (16公演もやっちゃって大丈夫なのかな!?…

ただの日記 (あるいはカースト制度と大人になることの楽しさ)

先日本棚を整理していたら、 いつかの学校生活のクラスの思い出を記録したDVDが出てきた。 あ〜こんなんあったんや懐かしいなあと思って見てみたのだけれど、球技大会も体育祭もマラソン大会も出来る限り補欠の座を手に入れていたクソの私が思い返されてしま…

エイプリル

京都に来てから5年が経った。 一人暮らし暦も、早いもので6年目突入。 なんとなく、京都に来てからのことは全部最近の出来事としてカウントしてしまっているけれど、2012年なんて冷静に考えて大昔だねえ、私まだガラケー使ってたしわけのわからん短い丈のキ…

こんな夜にお酒が飲めたなら

10代の頃、大人になったらキッチンドリンカーになるんじゃないかと思っていた。 台所で一人ダラダラと、梅酒のお湯割りなんかを飲みながらヘラヘラ家事をしている自分は容易に想像がついた。なんとなく自分は酒に強いんじゃないかとも思っていたし、いつも口…

YUKIさんのお話

2月17日は、YUKIの誕生日だった。 12才くらいのときからYUKIがずっと好きで、 といってもここ何年かはあまり新曲を追えてはいないんだけれども、 中学生の頃はYUKIの歌詞をポスカでキャンパスノートの背表紙に書いていたし、 高校生の頃、今では当たり前とな…

ただの日記 (あるいはコミュニケーション弱者の独り言)

一昨日はバレンタインデーだった。 弊社はありがたい社風なので、 「社内のバレンタインとか自粛して下さいね〜」 といったところなんだけども そうとはっきり言われたのがバレンタイン当日の朝だったものだから わたしの鞄の中のベルアメール達が途端に居心…

「普通」という名の暴力 : 夫のちんぽが入らない 感想

「まあ"普通"の女の子やったらそう思うんちゃうん?」 「でもあたしな〜、"普通"っていうのがコンプレックスやねん」 市バス205系統の車内。もうすぐ就活が本格的に始まるのであろう大学三回生らしき男女の会話。 ああ、私はその"普通"が喉から手がでるほど…