読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

ニヤニヤ泣いている

エイプリル

京都に来てから5年が経った。

一人暮らし暦も、早いもので6年目突入。

 

なんとなく、京都に来てからのことは全部最近の出来事としてカウントしてしまっているけれど、2012年なんて冷静に考えて大昔だねえ、私まだガラケー使ってたしわけのわからん短い丈のキュロットばっか穿いてたし…ってハッとして、5年経つってことの重みを考えたりしてしまう。

 

 

ああ、春だ。

 

...

 

5年前の春、大学で自分の学域のオリエンテーションを受けたときに聞いた教授の言葉が、今でも印象に残っている。

 

「成長するということは、失うことを噛み締めるということ」
「人間にもともと居場所なんてない」
「向上・増大・前進というイメージで生命や人生の歩みを捉えるのは狭い」
「出会いは否応なく別れを胚胎している」

 

 

私が属していたのは幅広い意味での教育を学び人間を見つめ直す、そんな学域だった。

当時、"教育"という言葉にキラキラした胡散臭さを感じていた私にとって、教育学の教授がそんなことをハッキリと言うのはなかなか衝撃的だったし、ああここに来たのはやっぱり間違いじゃなかったって思ったものだ。

 

...

 

春、特に4月という季節はどうしても、世の中全体が背伸びしているように見えてしまって、どこか無理を伴って浮かれているように見えてしまって、少しだけ苦手だ。気候はサイコーなんだけど。

全てが眩しくて、そのテンションについていけない自分がちょっと惨めで、同時にどこか流されない自分みたいなものに誇らしくもなって、惨めなのに誇らしいっていう歪んだ気持ちがアホらしくってまた惨めになって。

そんな感情のデフレスパイラルがサイコーの気候とは裏腹に起こってしまいがちな季節。

 

 

そんな季節に、ぽわぽわしてたけれどどこか無意味にとんがっていた当時の私があの話を講義で聞けたことは、きっと幸運だったと思う。

 

...

 

この5年で私は多少なりとも変わった。

根本的な部分はおそらくきっとそんなに変わらないけれど、物事を見る視点はそれなりに変化した。

昔は見えていなかったものに気が付いて、それによって持てなくなった感情も、初めて知った自分の心の動きもある。自分にこんな醜さがあったんだって驚いた日もあったし、昔の己の軽薄さを苦い顔で笑えるようになった日もあった。

 

 

世間一般的に良いとされている要素だけ残して増やして大人になれたらどんなにいいだろうって何度も何度も思ったけれど、失ってしまったものも含めて、受け入れていくことができるようになりたいな。なれるかなあ。

あの言葉を本当の意味で消化するにはまだまだ時間がかかりそうです、先生。

 

 

エイプリル・フールだというのにまだまだ肌寒かった昨日、入学式帰りの大学一回生をたくさん見かけて、4月特有の憂鬱に浸りながらそんなことを考えていた。 

 

 

ああ、春だ。

 

こんな夜にお酒が飲めたなら

10代の頃、大人になったらキッチンドリンカーになるんじゃないかと思っていた。

 

台所で一人ダラダラと、梅酒のお湯割りなんかを飲みながらヘラヘラ家事をしている自分は容易に想像がついた。なんとなく自分は酒に強いんじゃないかとも思っていたし、いつも口寂しくて何かを食べたり飲んだりし続けてしまうような人間にとってアルコールは好相性なんだろうと考えていた。

 

 

 

ところが、だ。

私は酒に弱かった。

 

 

 

缶チューハイを一本も飲みきれず人の家で吐いた。ふわふわして楽しくなる前に頭が痛くなった。目の前がグラグラしてただただ不快なこともあった。ビールの美味しさは23才になってもまだよく分からない。

 

 

 

…なんだこれ、ダッセえ。

 

 

 

 

本当は、本当はだね、

私だって「カシオレください♡」って甘ったれた声で言う女子を可愛いね〜って言いながら心の中で鼻で笑いつつイカつい焼酎とか飲みたかったし、仕事終わりにビールで乾杯してプハーッ美味い!ってやつをやりたかった。バーで人生相談をしたかったし、酔った勢いで羽目を外して記憶を飛ばしてみたかった。

 

でも現実は、お冷とカルーアミルクを交互に飲みながらセーブしまくってる。一杯目は生!じゃなくて、ファジーネーブル下さい(*^^*)

 

 

 

…ああ、死ぬほどダセえ。お酒が飲めないのがダサいのでは決してなくて、お酒が飲める自分に憧れていた自分が、"お酒に強い"というステータスが地味で垢抜けない女にやさぐれ感を含んだある種のカッコよさ、という一筋の光を与えてくれるんじゃないかと期待していた自分が、もう、哀しいくらいに、ダサかった。酒が弱いのはダサいって風潮クソダセェって考えてる分、余計に。

 

 

一人でカクテルを作って飲んでみても、単純に悲しい気持ちが増すだけでロクなことはないとハタチの頃に学んだので家で飲むのもやめた。ブスが家で一人カシスミルク飲みながら泣いてても笑えない。いつか買ったきり使い切れずに置いてあるリキュールだらけだ。10代の私よ、23才の私は一人暮らしのOLになったけれど、仕事で疲れた夜に飲むのはビールでも梅酒のお湯割りでもなくて未だにブレンディのインスタントミルクティーだよ…笑っちゃうよなあ…

 

 

 

大人になって、こんなときこそお酒が飲めたらなあって思う夜はたくさんあるけれど、それでもダサい23才は自分にすらカッコつけ切れずアイスを食べて温かいお茶を飲んで、ちょっと泣いて冷静になって疲れて寝て、翌朝また仕事に行く、みたいなことしかできない。

お酒も煙草もやらないんだからコンビニでハーゲンダッツ買っちゃうのくらい許してくれよ〜と、誰に対してでもなく一人言い訳をして、今日も私はダサい夜を過ごすのです。ああ。お酒飲みたい。

YUKIさんのお話

2月17日は、YUKIの誕生日だった。

 

f:id:yco16g:20170218211424j:image

 

12才くらいのときからYUKIがずっと好きで、

といってもここ何年かはあまり新曲を追えてはいないんだけれども、

中学生の頃はYUKIの歌詞をポスカでキャンパスノートの背表紙に書いていたし、

高校生の頃、今では当たり前となってしまった一人ライブ参戦ヴァージンを捧げたのもYUKIだった。

10年間強、私も死ぬまでワクワクしたいわ〜とのたまいながらJOYを聴いてきた身である。

思春期を一緒に駆け抜けてきた曲たちっていうのはいくつになってもエモい。

 

そんなYUKIさん45才の(45才の…!)誕生日だったということで、

今日は好き勝手にYUKIさんの魅力とか好きな曲について書こうと思います。

 

...

 

JOY

はい来ました。往年の名曲JOY。

全身黒タイツのショッカーみたいなのが大群で反復横跳びしてるシーンから始まるMVを私は他に知らない。岡崎体育も何も言えない。

 

音楽プロデューサー蔦谷さん作曲の一曲なんだけれど、ポップでキャッチーなのにどこかアンニュイで切ないメロディーはさすが蔦谷さんだなあと思う。歌詞も一見ふわふわしているのに聴けば聴くほど深い。一番と二番の歌詞の対比には毎回痺れてしまう。

 

ちなみにオリジナルの歌詞では「運命は必然じゃなく偶然で出来てる」となっているのが、最終的には「運命は必然という偶然で出来てる」に落ち着いている。

必然という偶然って何や…と頭の中のカント共々首を傾げてしまうけれど、我が身を省みても何か些細なことが一つでも違っていたら出会わなかった人や起こらなかった出来事ばかりで、人生とは…運命とは…と考え出してしまいいつも眩暈がしてくる一曲。This is 哲学。

そしてMV中でYUKIがウインクするとき、確かに脳内で「ズキュン!」って擬音語が聞こえます。是非見てみて。

 

 

the end of shite

YUKIのソロデビューシングル。

ソロデビューシングルということで、一人で先に始めちゃうわよという意図からこのMVになったらしいがもうどエロい。是非何かしらでフルでMVを見て頂きたい。

 

YUKIはライブでよく、「YUKIエロい〜?」「エロい〜!」というコールアンドレスポンスを行う。うん、エロい、エロいよYUKI

私はエロについては何も分かっていない青二才だけれど、YUKIのことは本当にエロいと思う。褒め言葉だ。そしてYUKIのエロさには媚びがない。彼氏依存の女のtwitterのような陰湿さもなければ、夜にしか開かない日本語が不自由なマッサージ店の看板のような安っぽさも、マイルドヤンキーがいいね!しがちなバイラルメディアのような下品さもない。後ろ暗さの一切ない、やんごとなきエロさである。

 

ところでこの曲が収録されてるPRISMICという1stアルバムが私は好きだ。ダンスチューンっぽいYUKIもメロディアスでポップなYUKIも大好きなのだけれど、the end of shiteのようなオルタナティブ色の強いYUKIが私は結構好きで、PRISMICはYUKIのそういう側面を筆頭に様々な表情を楽しめる一枚になっている。特に「眠り姫」や、クラムボンのミトが編曲に携わった「惑星に乗れ」、亀田誠治作曲の「ふるえて眠れ」はお気に入りで、ふるえて眠れを聴きながら枕を濡らして泣き寝入り(笑)した夜は数え切れない…

 

YUKIにゆるふわポップなイメージを抱いてる人に是非聴いて欲しいな。

可愛さとアンニュイさ、少女性と女性性、ポップさとどこか退廃的な魅力、優しさとシニカルさと攻撃性、あらゆる要素を併せ持った彼女の魅力がつまったアルバムだと思う。

 

...

 

ソロ15周年を迎えた今、

「私は私が気持ち良いようにやるの

スカートに手を入れて決意表明した2002年2月6日から15年。
今、なぜだかあの頃のような気持ちが、私をまた奮い立たす。」

YUKIは公式サイトに述べている。

 

ああ、そんなYUKIの気ままさと強さが私は好きなんだよな。そう再認識させられた。

 

新曲追えてなかったけれど、3月に新譜発売されたら買います!YUKIさん!ワイに貢がせてくれ!

45才のYUKIも楽しみで、きっとこの先もずっとYUKIは私の憧れだ。またライブも行けたらいいなあ。

ただの日記 (あるいはコミュニケーション弱者の独り言)

一昨日はバレンタインデーだった。

 

弊社はありがたい社風なので、

「社内のバレンタインとか自粛して下さいね〜」

といったところなんだけども

そうとはっきり言われたのがバレンタイン当日の朝だったものだから

わたしの鞄の中のベルアメール達が途端に居心地を悪くしだす。

渡すタイミングなくすやんけ〜〜…

 

 

...

 

昔から、いわゆる"人たらしのコミュニケーション術"みたいなのがどうにも苦手だ。

 (これ、上手い言葉が見つからなかったんだけど、先ほどインターネットのイケてる人が"対人関係でボーナスポイントを狙うの"と書いていてそっそれだ〜〜天才〜〜〜!となった)

 

あなたを思って選んできました。

あなたのこんな些細なことも、ちゃんと覚えていますよ。

 

 

…あと、少し毛色は変わるけれど

相手からの好意的反応を前提にしたコミュニケーションも。

 

眠れないから電話しちゃった。

今年も終わりだからいいねしてくれた人に一言。

共感した人はらぶりつ下さい❤(今時の子はツイッターのfavのことをらぶというらしい)…

 

 

 

誰かのために何かをするのはむしろ結構好きだし、

プレゼント選ぶのなんてめちゃくちゃ楽しいし、

人の些細な情報なんかもわりと覚えていられる方だと思うし、

なんなららぶりつ世代には分からないであろうmixiの紹介文を書いたりするのも本当は大好きだ。

 

 

だけどそれを一人での行動として完結させずに、

人間関係のツールとして用いるのがそれはもうめちゃくちゃに怖い。

心の中であたためてたものを現実の相手に差し出した瞬間、ワクワクとドキドキは吐き気にすら変わる。

 

 

 いや!私めなんかが!あなたの視界に入り込もうとして!本当に!すみませんでした!!となるし、

私めなんかが!あなたのことこんだけ覚えてるの!マジでキモいですよね!切腹しますわ!!となるし、

あなたの貴重な時間を私めなんかに割かしてしまい!誠に申し訳ございませんでした!!ハアァァ!!!

となるのだ。

 

バレンタインで意中の人に手作りチョコを渡すのなんてもってのほかで、いやいや絶対にあとで友達に報告されて笑われる!もしくは困られる!!!ブスの手垢まみれのお菓子(笑)って馬鹿にされる!!そして迷惑がられる!!!世の中の女子たちはそういうことは心配ではないのか!?!?と本気で疑問だった。

 

 

実際、ちょっと気持ちが高まったときなんかに送りつけてしまう長文メッセージなどはマジで気持ち悪いし、インターネットを手にした時からしこしこと他人の日記を読み漁るのが趣味だった陰湿な女である故にこの人はどこまで自分に話してくれていたっけ?と曖昧になってしまうし、こういった心がけは大切なんだけども…

 

 

どんな人間関係においてでも、自分は相手に受け入れられる、という前提を持てていないとなかなか出来ない行為をいとも簡単にやってのけてしまえる人達が羨ましかったし今でも羨ましい。とても。

 

 

まあこんな思考回路、「相手を困らせたくない」なんて控えめで相手本位な考え方をしているつもりでいて

自分の中だけで勝手に結論付けてしまい相手のことなんて考えられていないモンスターでしかないんですけどね。

心当たりのある人は逃げ恥の第8話でニセ竹野内豊に一緒に精神をボコボコにされてほしい。

 

 

ちなみにこれは余談なんだけど、同じ人種の人はLINEとtwitterが同じくくりで語られる文脈には違和感を覚えるんじゃないかな。

LINEは相手の反応を前提としたメッセージ送信ツールだけれど、

私の解釈ではtwitterは公開独り言ワンダーランドであって相手の反応はあくまでオプションだ。ふとした弾みで生まれるリプライは自然発生的なコミュニケーションなのでハードルも低い。らぶりつ界隈はちょっと違う世界だけど。連絡不精だけどSNSはスキって奴は大体友達。

 

 

まあそんなこんなで今日もまたこんなブログを長々と綴ってしまうのだけれど、

いい加減もういい大人なのでこういった呪いを少しずつ解いていけたらと思う。

幸い、私の好意を気持ち悪がらずに喜んでくれる人たちにも出会えたので、その人たちのことは全力で大切にしていかなきゃと思っております。圧倒的感謝🙏🏻

 

 

 

なおベルアメールは、「あっあの……自粛しろって言われててあれなんですけど……お返しとかそういうのは気にされなくていいので…よっよかったら…どうぞ……」と盛大にキョドりながらいつもお世話になっている先輩方にお渡ししました。お世辞でも喜んでもらえてよかった。

 

 

2日遅れたけれど、ハッピーバレンタイン。

「普通」という名の暴力 : 夫のちんぽが入らない 感想

「まあ"普通"の女の子やったらそう思うんちゃうん?」

「でもあたしな〜、"普通"っていうのがコンプレックスやねん」

市バス205系統の車内。もうすぐ就活が本格的に始まるのであろう大学三回生らしき男女の会話。

 

ああ、私はその"普通"が喉から手がでるほど欲しいっすよ、別に自分が変わり者だとかとんがってるとかは思ってなくてごくごく平凡な人間だと認識しているけれど、人生のすべてをきちんと及第点でこなしていける"普通"は永遠の憧れだ。

 

普通。

 

はたから見たら私だってそこそこ普通に恵まれている方に入るのだろうし、そもそも私の思い描く"普通"はものすごくハードルが高いのかもしれない。何かがちょっと上手くいかなかったくらいで自分は普通じゃないと嘆くのは、ただの甘えであり逆説的な自己陶酔なんだろうとも思う。

 

それでもとにかく、何かが及ばない、届かない、自分が自分であることが恨めしい、そんな劣等感に苦しむのはもう金輪際やめたい…

 

 

そんなことを考えていた最近、

こだまさんの「夫のちんぽが入らない」を読みました。

こだまさんの連載やツイッターが好きだったので、エッセイの書籍化がすごく読みたくて。

 

http://www.fusosha.co.jp/special/kodama/

 

かなりパンチの効いたタイトルではあるけれど、決して軽い下ネタエッセイの類でも、インターネット臭がすごいサブカルイロモノ本っていう訳でもないです。

 

 

"入らない"問題をはじめ、

母親との関係、仕事に生きたかった夢、出産、そんなありとあらゆる「普通」が叶わない。

 

 

決してこだまさんだけのせいではないのに自分を必要以上に責めてしまうところとか、

言いたいことを言うべきときに言えないところとか

随所随所で苦しくなってボロボロ泣いたけれど、

どこか俯瞰的かつユーモラスな文章に救われて読み終えました。

表現という行為はきっと、人間の深い悲しみを救うためにあるんだろうな、なんて感じたり。

 

 

ーーちんぽが入らない人と交際して二十年が経つ。もうセックスをしなくていい。ちんぽが入るか入らないか、こだわらなくていい。子供を産もうとしなくていい。誰とも比べなくていい。張り合わなくていい。自分の好きなように生きていい。私たちには私たちの夫婦のかたちがある。少しずつだけれど、まだ迷うこともあるけれど、長いあいだ囚われていた考えから解放されるようになった。

(193ページより)

 

 

"普通でない"ことを受け容れるということ、

悲しみや苦しみを、諦めるというわけではなくてもっと深いところで人生において意味のあるものとして認めるということ。

それってすごくすごく難しいことなんじゃないかなと思う。

 

劣等感、罪悪感、その場で必要とされていないのではという感覚…

そんなありとあらゆる負の感情をひっくるめて受容して、

さらに表現することで昇華までしてしまうのは、

こだまさんのように深い優しさと強さと誠実さがなければなかなか出来ないんじゃないかなあ。

 

そう思ったのと同時に、絶望の中にも希望はきちんとあるし、そもそも普通という暴力的な幻想に縛られる必要なんてどこにもなくて、自分で自分を相対評価じゃなくてちゃんと絶対評価してあげられるようになろう、赦してあげられるようになろう、という救いを貰えたのでした。

そんな一冊。

 

 

ところでこの本、Amazonレビューが結構興味深いんですよね。

 

低評価の人のコメントを見ていると、

問題はすべて具体的な、目に見える形で解決することこそが正しいと思っている方がたくさんいるのだなあと。

きっと人生の根源的な悲しみや苦しみも全部、

仕事と一緒でPDCAサイクルを回せば解決していけるし、

そうしていくべきだと考えている人が大勢いる。

 

もちろんそれが間違っているとは思わないし、自分自身にそれを課していく分には、それで自身を必要以上に傷つけなければ素晴らしい考え方だと思う。

 

だけどそれを、他人に強要するのはやっぱり違う。

 

 

ーーでも、私は目の前の人がさんざん考え、悩み抜いた末に出した決断を、そう生きようとした決意を、それは違うよなんて軽々しく言いたくはないのです。人に見せていない部分の、育ちや背景全部ひっくるめて、その人の現在があるのだから。それがわかっただけでも、私は生きてきた意味があったと思うのです。そういうことを面と向かって本当は言いたいんです。

(195ページより)

 

 

その人にとっての普通を、当たり前を、正しさを、押し付けることが暴力になっていることに気付いていない人ってきっとたくさんいて、私だっておそらくその一人で。

 

普通という言葉に苦しむことがあった分、

自分にとっての正しさで人を傷付けることのないように生きていかなきゃな。

 

「普通」に強い憧れを持っているというのはきっと、「普通」という暴力を振りかざしてしまうのと紙一重だから。

本当の意味で人の気持ちを大切にできる人にいつかなれたらいいなあ。

 

 ...

 

上手くまとまらなかったけれど、

何かしら生きづらさを抱えている人には読んでほしい。

こだまさんを初め、たくさんの人の想いが詰まった最高の一冊です。是非。

 

 

 

それでは。